ドラクエの作者・堀井雄二の年収、経歴、不倫結婚に衝撃

『ドラゴンクエストシリーズ』の生みの親として知られる堀井雄二。

そんあ彼に不倫相手と再婚との報道が!

年収、結婚歴、不倫歴、相手の顔写真、経歴にいたるまで

気になる情報まるごと公開!

堀井雄二が20年前の不倫相手と再婚!

堀井雄二は、なんと20年前の不倫相手と再婚したといいます。

20年ほど前に、堀井雄二は妻がいるにも関わらず女性と不倫関係になり

5年ほど交際した後、慰謝料数千万円を支払ってその女性との関係を解消したといいます。

そして、慰謝料を払った後は、仕事のパートナーとしての付き合っていたといいます。

しかし、2016年に前妻と離婚

関係を解消したはずのその女性と今回結婚するに至っています

しかし、堀井雄二によると

「だから、『20年間不倫』ということではないです。それで、お互い友達としてお付き合いしている期間が長くて、男女の関係もないまま仕事のパートナーとして付き合ってきています」

「僕は正直誰のことも不幸にしたくないんですよ。でもそういう意味ですごく優柔不断だったこともあって……。だから少なくとも今後の僕の人生では、自分にかかわった人は皆幸せにしてあげたいなっていう想いなんですね。別れた嫁さんに10億円払ったのも、少しでも不幸になってもらいたくないと思ったからだし。そういう風に人を幸せにすることが、自分の幸せかなとも思うんです」

とのこと。

うーん…

なんだか解せないですね。

堀井雄二の不倫・再婚相手の顔写真は?

堀井雄二再婚相手は、ゲーム業界出身の51歳の女性。

20年前に堀井雄二と不倫関係にあり

その後は仕事のパートナーとして堀井雄二と関わっていました。

しかし、これ以上のことは今のところ分かっていません。

顔写真も今のところ公開されていないようです。

離婚した嫁や子供は?

堀井雄二の嫁や子供についても

一般人であるためわかりませんでした。

ただ、子供はいるということと

堀井雄二が26歳の頃に結婚

都内に一戸建てを購入したことだけは分かっています。

堀井雄二の年収は?

不倫関係解消の際の慰謝料で数千万円

元妻への離婚の慰謝料に10億円を支払った堀井雄二。

莫大な慰謝料の金額からして、相当な年収であることがうかがえます。

堀井雄二の年収を調べて見ると

2000年の長者番付けで、推定年収は2億9700万円

2001年の長者番付けで、推定年収は2億8000万円

となっていました。

2000年の段階で約3億ですから

現在はもっと高額な収入を得ているでしょうね。

堀井雄二の経歴

最後に、堀井雄二の経歴やプロフィールを紹介していきます。

堀井雄二は、1954年1月6日生まれの64歳、兵庫県洲本市出身です。

まず、彼の経歴で驚くのは

早稲田大学第一文学部を卒業していること。

賢かったんですね。

堀井雄二の大まかな経歴は

早稲田大学進学→ライターになる→ゲームクリエイターに転業

という流れです。

元はライターだったのですね。

堀井雄二は

『ドラゴンクエストIII 』

のヒットを機に職業をフリーライターからゲームクリエイターに改め

以後、ドラゴンクエストシリーズの制作を主軸に活動しています。

以下、堀井雄二の経歴についてもう少し詳しくお話しします。

早稲田大学在学中、ある出版社からの依頼で漫研の仲間と共に2冊の書籍を執筆したのをきっかけに

フリーライターとして活動を始めました。

1980年にパソコンゲームにはまり、自作をはじめ

1982年には第1回ゲーム・ホビープログラムコンテストに応募し、入選プログラム賞を取っています。

そして、1983年にパソコンのアドベンチャーゲーム『ポートピア連続殺人事件』を手がけ、ゲーム界に名を知られるようになりました。

この頃には、ライターからゲームクリエイターになりつつありますね。

1986年にファミコンの『ドラゴンクエスト』を発表。

そして、1988年に発売された『ドラゴンクエストIII』のヒットを機に、職業を本格的にゲームクリエイターとしました。

堀井雄二の学生時代のエピソード

堀井雄二の学生時代のエピソードが面白かったので、紹介します。

堀井雄二は中学時代に漫画家を志望し

高校時代から本気で漫画家を目指していました。

そして夜更かしが多くなり、学校まで自転車で5分くらいの距離にも関わらず、高校2年時には出席日数210日のうち、197日遅刻しているほどの遅刻の常習犯だったそうです。

また、高校時代は漫研、水泳部、ブラスバンド部(サックス担当)生物部、茶道部を掛け持ちしていたそうです。

まとめ

堀井雄二の不倫、年収、経歴などについてまとめてきましたが

いかがでしたか?

堀井雄二の不倫結婚について

20年もの月日を経て結婚に至ったということで

相当その女性のことが好きだったのでしょうね。

元妻の気持ちを考えると胸が痛いですね。

堀井雄二の経歴や学生時代のエピソードを見てみると

珍しい人だなぁと感じますね。

不倫について気になるところはありますが

これからも素晴らしい作品を生み続けて欲しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です