sponsored link
sponsored link

モデルやタレントとして活躍している平子理沙。

現在46歳の平子理沙ですが、ファッションブランドの
プロデュースや歌手としても活躍しており
「アラフォーの星」と言われるほどのカリスマぶりです。

1997年に俳優の吉田栄作と結婚していましたが
2015年に離婚を発表し注目を集めました。

そして2017年現在、平子理沙の顔が不自然に劣化し
顔面崩壊しているという噂が浮上しています。

そこで今回は、平子理沙の顔の変化や
顔面崩壊や劣化したと言われる画像の比較をしながら
整形疑惑について詳しくまとめていきたいと思います。

平子理沙が顔面崩壊!?劣化原因は?

平子理沙の顔が顔面崩壊や劣化したと言われるように
なったのは、2014年頃からのようです。

以前は「日本美人大賞」で
グランプリを獲得したこともあり美人モデルとして
カリスマ的存在である平子理沙。

しかし、そんな平子理沙が2014年頃から
徐々に劣化が目立っていると言われており

劣化の他には顔が別人のようで怖くなったとも
言われています。

そこで、何故そこまで変わってしまったと言われているのか
調べてみると、整形が原因という噂が浮上しています。

一部では、ヒアルロン酸注入のやりすぎではないかと
言われているようです。

整形手術の中でもヒアルロン酸注入は
注射1本で出来るため
手軽な整形手段とても人気がありますね。

しかし、施術者の腕によっては顔がデコボコしたり
うまく表情が作れなくなってしまうことなどが
あるようです。

平子理沙の表情や顔の変化がこのヒアルロン酸注入の
後遺症ではないかと言われています。

そこで、平子理沙のデビュー当時から現在までの
顔の比較をおこなっていきたいと思います。

デビュー当時から現在までの画像まとめ

スポンサーリンク

1971年に東京で生まれたようですが、
小学四年生の頃に通っていた成城学園から

インターナショナルスクールへ転向し15歳の頃に
渡米した経験があるようです。

そして19歳の頃に日本に帰国し原宿でスカウトされたことが
きっかけとなり芸能界デビューを果たしています。

こちらが平子理沙のデビュー当時の画像です。

デビュー後すぐにフジテレビ主催の「第1回日本美人大賞」で
グランプリを獲得しテレビ番組やモデル雑誌で活躍しています。

整形前と言われる画像ですが
整形する必要がないほど綺麗で顔も整っていますね。

個人的には現在の顔より昔の顔の方が
断然可愛いように思います。

そしてこちらが、吉田栄作と結婚を発表した
1997年の画像です。

この頃は、デビュー当時から顔立ちに変化は
見られませんね。

こちらは2008年の画像です。
メイクは変わりましたが、まだ顔に大きな変化は見られません。

こちらは2010年の画像です。

そしてこちらが2012年の画像です。
平子理沙がピークで可愛かった頃の画像だと思います。

カリスマモデルと言われるのも納得するほど
人気がありましたね。

そしてこちらが2014年の画像です。
先程の画像と比較しても別人のような変わりようですね。

頬がゴツゴツしており以前の綺麗な肌では
なくなったことが一目瞭然です。

そしてこちらの画像を見ると先程の画像よりも
更に顔が変わって劣化していることが目立ちます。

顔がパンパンに腫れており、肌もゴツゴツで
表情も不自然ですよね。

「顔面崩壊」「劣化」などと
言われるようになったのはこの頃からのようです。

唇の膨れ具合などから見てもヒアルロン酸注入の
可能性が非常に高いように思います。

そしてこちらが2017年現在の画像です。
あまりにも不自然な顔で違和感しかありません。

現在46歳の平子理沙ですが、あまりにも
不自然な若さなので、整形の可能性は非常に高いですね。

デビュー当時から現在までの画像を比較しても
現在顔がゴツゴツしており表情も不自然なので
劣化や顔面崩壊の噂が浮上したようですね。

平子理沙の整形外科はどこ?

スポンサーリンク

平子理沙の整形外科について調べてみましたが
通っている整形外科についての情報はありませんでした。

平子理沙がおこなった整形箇所については
目と唇と頬だと噂されています。

確かに画像を比較しても、目と唇、頬に
違和感があったため、整形した可能性は高いですね。

現在もカリスマモデルとして活躍中の平子理沙ですが、
現在の姿にはファンまでもドン引きしていると
言われています。

一部では「唇おばけ」とも言われており
カリスマモデルとしての地位が危ないように思います。

今後も平子理沙の姿に注目していきたいと思います。

sponsored link