12歳の長女を強姦した父親の顔は?静岡無罪判決に家族黙認、虐待の可能性も

12歳の長女を虐待した実の父親が無罪になった事件。

長女自身が、2年間にわたって
週3回性行為を強いられていたことを訴えていたにも関わらず

なぜか父親は無罪になりました。

明らかに不自然な裁判の判決。

裏に隠された知られざる真相に迫ります!


長女強姦の父親が無罪に

3月28日、長女を強姦した父親が無罪を言い渡されました。

裁判長は、無罪の理由として

家は7人暮らしの上、家は狭く
家族がひとりも長女の声に気づかなかったのは不自然であることを挙げました。

当時12歳の長女に乱暴したなどとして、強姦と児童買春・ポルノ禁止法違反の罪に問われた男性被告の判決公判で、静岡地裁は28日、強姦罪について「唯一の直接証拠である被害者の証言は信用できない」として、無罪を言い渡した。

 判決によると、被告は2017年6月に自宅で当時12歳だった長女と無理やり性交したとして、昨年2月に起訴された。

 公判で検察側は、長女が約2年間にわたり、週3回の頻度で性交を強要されたと主張したが、伊東顕裁判長は、被告方が家族7人暮らしの上、狭小だったと指摘。「家族がひとりも被害者の声に気付かなかったというのはあまりに不自然、不合理」と退けた。

引用:Yahoo!ニュース

しかし、この判決には様々な疑惑が。

・長女が、なぜ自らの父親を告発したのか

・家族全員が長女を虐待していたのではないか

・収入源である父親を失わないために家族は強姦を黙認していたのではないか

・幼い長女は裁判に不利だったのではないか

こういった、様々な疑問が残っています。

家族全員で長女を虐待?

長女が父親からの強姦を訴えているにも関わらず
全く声を上げない家族。

これは、家族全員で長女を虐待していた可能性があります。

あるいは、家長であり
家の収入源である父親に

家族全員が逆らえず
強姦を黙認していた

強姦が判明した後も
身内が犯罪者というレッテルを防ぐために

父親の肩を持ったという可能性が考えられます。

いずれにせよ、犠牲者は長女です。

実の父親を訴えるには
必ず何かわけがありますから。

強姦無罪の父親の顔は?

強姦で無罪になった父親の顔は明かされていません。

無罪ですから…

本当に長女がかわいそうですね。

強姦の父親の顔写真など
新しい情報が入りましたらまた更新します。