虐待で逮捕の母親に余罪ー2018年に児相に行くも再び戻された兄弟

ツイッターの投稿で虐待発覚。

母親の正体や撮影者、住所は?


『竜聖りゅうせい』ツイッターで虐待映像投稿

2019年3月8日

『竜聖りゅうせい』という名の
ツイッターのアカウントで

「虐待」
という言葉とともに

虐待の映像が投稿されました。

虐待されているのは、まだ幼い子供。

撮影者もまだ幼く
虐待されている子の兄だと思われます。

この虐待映像投稿により
多数の通報があり

現在、虐待場所の住所特定などが進んでいるようです。

虐待現場の住所は?

この虐待が起こっている現場の住所は
熊本県と言われていました。

しかし、報道により福岡県であることが判明しました。

虐待した母親の余罪

虐待を行なった母親は39歳。

「嘘をついたのでいらいらした」

との理由で
6歳の次男に暴行を加えていました。

母親の虐待は今回だけではありません。

2018年4月にも、次男を怒鳴り散らし
中学1年の長男につかみかかるなど

児童虐待を行なっていました。

この時、春日署は県の福岡児童相談所に次男を連れて行き
保護していたといいます。

なぜ、この時に保護されていたのに
また母親の元に返され

虐待されることになってしまったのでしょうか。

動画を撮影した兄も
警察や児童相談所に訴えても

虐待は止められないを思い
ツイッターに動画を投稿したのかもしれません。

今後、この兄弟が
再び虐待母親の元へ戻されることがないよう

願ってやみません。