二重国籍の大坂なおみが“日本人として”世界一位を取った理由に感動!

2019年1月26日
テニス・全豪オープン女子シングルス決勝で優勝し

見事「世界1位」となった大坂なおみ。

ハイチ系アメリカ人の父と
日本人の母を持つ彼女は

アメリカと日本の二重国籍。

それにも関わらず
大坂なおみは”日本人選手として”「世界1位」に輝きました。

一体、なぜ大坂なおみは
”日本人として”テニスを続けていったのでしょうか?

その理由が感動的すぎると話題になっています!

大坂なおみが日本人として出場する理由の噂

全豪オープン女子シングルスで優勝し
賞金410万豪ドル(約3億3000万円)を獲得した大坂なおみ。

彼女が、なぜわざわざ
日本人としてテニスを続けているのか?

これについては
前々から様々な噂がありました。

まず、日本登録している理由として
挙げられていたのが
両親の希望によるものという噂。

確かに、大坂なおみさんの母は
日本人ですから

「日本人として出場して!」

といってもおかしくないですよね。

しかも、後に詳しく紹介しますが
父親も日本で暮らしていたというので

日本への愛着心があってもおかしくありません。

他には「インパクトが大きいから」とも言われていました。

確かに、どう見ても
日本人には見えない大坂なおみが

”日本人”としてテニス界で活躍していると

注目を集めやすく
多くのスポンサーから声がかかるかもしれませんね。

また、日本の方が
社会保障が充実しているからだとも言われています。

他には、アメリカでは
人種差別が絶えないため
日本国籍を選んだとも言われています。

しかし、これは明らかにおかしいような気がしますね。

多様な人種の人々が
共存しているアメリカの方が
受け入れられやすいのではないでしょうか。

大坂なおみが日本登録している本当の理由が深すぎる

2012年には
世界ランクで1016位だった大坂なおみが

2019年、ついに世界1位にたどり着きました。

大坂なおみは大阪で生まれ
3歳の頃にアメリカに移住しており
日本語はほとんど話すことができません

そんな彼女がなぜ
アメリカ人としてではなく
日本人選手としてテニスを続けてきたのか?

その、本当の理由が深すぎるのです!

2013年9月の東レ・パンパシフィック大会に
出場した当時15歳の大坂なおみは
予選1回戦で敗れました。

しかし、日本テニス協会の
女子代表コーチだった吉川真司さんは

彼女の才能をいち早く見抜いていました

そして、すぐに当時の女子代表監督だった
村上武資氏、植田実強化本部長に彼女の存在を報告。

それ以来、大坂なおみが日本に来たときには
味の素NTCで練習できるように取りはからうなど
地道な支援を続けてきました

当時、大坂なおみは米国テニス協会の
ジュニア大会に多く出場していましたが

目立った成績は残しておらず
米国では完全に埋もれた存在でした。

大坂一家は米国協会に支援を申し込んだものの
取り合ってもらえなかったそうです。

しかし、彼女が大坂が2016年に
全豪で予選を勝ち上がって本戦で3回戦に進むと
米国協会は強烈なアプローチを仕掛けてきました。

アメリカは多額の支援の提供を約束したそうですが
父・レオナルドさんは

無名の時から娘を支援し続けた
日本の恩義を尊重したのだそうです。

だからこそ、いまでも大坂なおみは
日本で登録し続けているのだといいます。

いい話ですね〜!!!

恩義を忘れない父・レオナルドさん
超ステキです!!!

大坂なおみの才能を見出したコーチと父親の経歴

大坂なおみが
日本人としてテニスを続けた理由となっている

彼女の父親、母親、そして吉川真司コーチ。

大坂なおみに影響を与えた
三人の経歴を軽く紹介していきたいと思います。

まずは、吉川コーチから。

大坂なおみの才能を
早い段階で見出していた吉川真司(よしかわ まさし)コーチ。

彼は、協会公認S級エリートコーチです。

吉川真司は1978年1月31日に
京都市で生まれました。

12歳の時に、父親の影響でテニスを始め
大学生時代の2000年全日本学生シングルスでベスト4入り。

亜細亜大学を卒業後、実業団でプレー。
2007年に引退してコーチに転向し
2012年から日本テニス協会の女子ナショナルコーチに就任しました。

続いて、大坂なおみのご両親の経歴。

父親・レオナルドフランソワ
(Leonard Maxime Francois)さんは

ハイチ共和国南東県ジャクメル出身で
身長190cmの元アメフト選手でした。

彼は1994年頃から2000年頃まで
英会話の講師をしながら日本で暮らし

その時に当時大学生だった
母・大坂環(たまき)さんに出会ったそうです。

その後、大阪なおみさんとまりさんが生まれました。

父・レオナルドさんは
テニスの経験がなかったにも関わらず
独学で娘たちにテニスを教えていたそうです。

素晴らしいですね。

大阪なおみさんが
これからも”日本人”として
大活躍できるよう応援したいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です