sponsored link

NHK『紅白歌合戦』への出場が決定したK-POPアイドルグループ『TWICE』。

そんなTWICEが

『防弾少年団(BTS)』の”原爆Tシャツ”問題に続き

”慰安婦Tシャツ”着用の問題発生!?

実はメンバーのダヒョンがキリスト教徒で反日だった!?

真相迫る!

TWICE・ダヒョンのプロフィール

まずは、問題になっているTWICEのメンバー
ダヒョンのプロフィールから紹介していきます。

プロフィールを見るだけでも
だいぶダヒョンのことがわかってきます。

本名:キム・ダヒョン(김다현/金多賢)
生年月日: 1998年5月28日
血液型  :O型
出身地  :韓国京畿道城南市
身長   :158.6cm
体重   :48.9kg
学歴   :翰林芸能芸術高等学校 実用音楽科(卒業)
家族   :両親 兄
練習生期間:3年4か月(2012年07月07日~)
ポジション:リードラッパー、サブボーカル
座右の銘 :This too shall pass away
宗教   :プロテスタント

高校で音楽科卒ということで
ピアノが非常に上手なダヒョン。

初見でもピアノが弾けるほどに上手です。

また、TWICEの中では面白いキャラとして知られています。

そして、肌が非常に白くて綺麗!

面白いことと肌が白いことから

「面白い豆腐」(흥많은 두부)

と言われています。

韓国ではよく豆腐を食べるためか
「白い」ことを「豆腐」というのですね!

日本だと肌が白くて綺麗な子には

「雪」

というあだ名をつけそうだなぁという感じなので
豆腐というと

「ほめ言葉なのそれ?」

という感じがしますね(笑)

TWICE・ダヒョンが慰安婦Tシャツ着用?

スポンサーリンク

『防弾少年団』の原爆Tシャツに続き
問題になっているTWICEの”慰安婦Tシャツ”

この慰安婦Tシャツ問題とは

ダヒョンが過去に慰安婦を支援するブランドのTシャツを着用していた

というものです。

sponsored link

問題になっている慰安婦Tシャツは
「MARYMOND」というブランドが製作したものです。

メンバーの中に3人(モモ、ミナ、サナ)の日本人がいることから

「日本人のメンバーの前で着るなんて」
「日本人とは不仲なの?」
「やっぱり日本人メンバーに対する差別の感情はあるのか」

といった噂まで飛び交っています。

では、この問題になっている
慰安婦Tシャツのブランド

『MARYMOND』

とは、一体何なのでしょうか?

慰安婦支援『MARYMOND』とは?

スポンサーリンク

『MARYMOND(マリーモンド)』とは
元慰安婦だった方々を支援している企業のブランドです。

慰安婦とは、簡単にいうと
日本が韓国を占領している時代に

日本人兵士の性的欲求を満たすために
無理やり性行為を強いられていた人々です。

過去にこのような
辛い目にあった人々を支援しているのが

この『MARYMOND』というブランドです。

多くのK-POPアイドルも着用しており
問題になっている『防弾少年団』のテテやジンも着用していました。

(またこれで防弾少年団のイメージが悪くなっちゃいそうですね…)

しかし、元慰安婦を支援しているというだけで

”反日”

であるとは限りません。

ただ、元慰安婦の方支援を行なっている
社会的企業、というにすぎません。

ダヒョンはキリスト教徒で反日!?

プロフィールにある通り
ダヒョンはキリスト教徒です。

キリスト教のプロテスタントであるがゆえに
過去に韓国を植民地化した日本に対し
特に反日感情を持っているのでは?

といった憶測もあるようですが
これは考えすぎでしょう。

韓国に対し仏教国のイメージを
持つ方も多いと思いますが
韓国は約7割がキリスト教徒です。

ソウルに行くと
教会が多いことに驚きます。

ということで
キリスト教・プロテスタントであることは
さほど珍しいことではなく

キリスト教であるがゆえに
反日だということもありません。

問題が起こると
様々な噂が飛び交うので大変ですね。

sponsored link