「バブリーダンス」で社会現象となった大阪府立登美丘高校ダンス部の元キャプテンで2018年に芸能事務所フォスターから芸能界入りした伊原六花。

初写真集を発売し、水着姿で鍛えた腹筋を披露していますが「わざわざ水着じゃなくて良くない?」「バブリーダンスの頃より太った」などと批判されています。

そんな伊原六花について調べてみました。

sponsored link

プロフィール

芸名  :伊原六花(いはら ろっか)
本名  :林 沙耶(はやし さや)
生年月日:1999年6月2日
出身地 :大阪府
血液型 :A型

もともと子役出身であるため、芸能活動は初めてではないようです。

2008年から2012年の間は、子役ミュージカルに出演。

2012年には劇団RKX主催のミュージカル『ズボン船長』に生徒役で出演。

2013年から2015年『ズボン船長』に継続出演、ジョジョ姉役として3年連続で出演しています。

ミュージカル出演の延長で高校のダンス部に入ったのでしょうか。

2015年4月に「大阪府立登美丘高等学校普通科」に入学し、ダンス部に入ってあのバブリーダンスを披露し、一世を風靡しました。

本名の林沙耶でも芸能人らしい名前ですが、伊原六花という名前でデビュー。

登美丘高校ダンス部のバブリーダンスが話題になった初期の頃から伊原六花を知っている人には「林沙耶」という名前のほうが馴染み深いかもしれません。

伊原六花はかわいくない?嫌い?

スポンサーリンク

バブリーダンスが注目を浴び、高校を卒業してから、伊原六花は宮崎あおいを目標に「これからは女優として頑張っていきます」と芸能界入を発表しデビューしました。

しかし、この発言でネット炎上し、嫌いになった人がいるようです。

一部では「かわいくないし」「素人だから良かったのに芸能界入って勘違しすぎ」といった声も上がっており、かなり嫌いな人も多いようです。

ダンス部キャプテンとして注目されていましたが「芸能界からみるとかわいくない一般人レベル」と言った声が多く見られます。

sponsored link

「バブリーダンスも伊原六花だけに才能があったわけではない」「かわいくないのに」など批判が多く見られます。

もともと普通の女子高校生だったのでこれから一気に芸能界に染まっていくのかもしれません。

高校生の頃と比べてすこし太ったようにも見えます。

ダンスをすることも無くなったためか、顔つきがふっくらしたようにみえます。

「太った」というのは本当のようですね。

水着姿披露も「勘違い女」と批判!?

スポンサーリンク

「水着姿が過激」と話題の伊原六花の写真集が発売されました。

女優を目指して芸能界に入ったものの、さっそく水着写真集発売に

「ゴリ押し感が半端ない。」
「ダンスで鍛えたスタイルは良いけど一般人感がすごい」
「いきなり脱ぐの?」

批判的な意見も多いようです。

そんな話題の水着画像がこちら↓

伊原六花 水着姿①

伊原六花 水着姿②

本人は、水着写真集の見どころとして「腹筋を見てほしい」と話しているようです。

ダンスに魅了されて注目を浴びただけに今回の水着写真集の売上がどれだけになるのかも注目するところですね。

芸能活動1年目にして水着写真集の発売をきっかけに、夏のドラマ出演が決定。

チアダンス部の一員として出演するようです。

さっそくドラマ出演決定。

このような猛プッシュ感が炎上するきっかけのようです。

注目されるのが伊原六花だけ、ということに違和感がある人も多いようです。

登美丘高校ダンス部をみてファンになった人にとっては、伊原六花の水着姿よりもダンスをしている姿が見たいのではないでしょうか。

伊原六花の所属事務所・フォスターには広瀬アリス・すず姉妹がいます。

有名な事務所に所属しているだけに、伊原六花も垢抜けて芸能人オーラが出る日も近いかもしれません。

今後の伊原六花の活躍に注目していきましょう。

sponsored link