sponsored link

女子高生にわいせつ行為を行い、書類送検された山口達也。

午前中に仕事を終え、自宅で飲酒し、ほろ酔い状態で被害を受けた女子高生に電話。

女子高生は「友達も連れて行って良いか」と言って、友人と共に山口の自宅に訪問しました。

訪問時は午後8時頃で、山口はだいぶ酔いが回った状態だったといいます。

その状態で、山口は女子高生2人に「何もしないなら帰れ!」と怒鳴り、わいせつな言葉を浴びせ、無理やりキスをしたといいます。

このような深刻な事件を起こした山口達也ですが”心身ボロボロの状態でこの事件を起こした”との噂が。

一体、彼の心身はどういう状態だったのでしょうか。

病気

山口達也にはアスペルガー症候群であるという疑惑が浮上しています。

彼の「キレやすい」性格や「物音が気になって寝られない」といったエピソード、突飛な発言をすることなどから、アスペルガー症候群を疑われたようです。

アスペルガー症候群には

・コミュニケーション障害
・対人関係における障害など、社会性の欠落
・ある物への固執やこだわり

といった大きな特徴があります。

具体的な症状の一部として

・キレやすい
・場の空気が読めない
・ちょっとした物音に敏感になる
・スケジュール管理ができない
・好きなことをいつまでも続ける

といったものがあります。

山口達也の状態に若干当てはまる部分があるので、疑われてもおかしくないかもしれませんね。

しかし、今のところ、彼がアスペルガー症候群であるという確実な証拠はありません。

薬物疑惑

山口達也は薬を使用しているという疑惑も浮上しています。

まず、山口達也が「薬で逮捕された」との噂が一部ネット上で浮上していますが、彼が検挙されたのは”無免許運転”によるものです。

そのため、薬物使用による逮捕はされていません。

それでも、山口達也の薬物疑惑は頻繁にネット上で疑われています。

 

薬物使用が疑われる理由として、まず第一に、山口達也の肌の色が急激に黒くなっているというのです。

以前、薬物使用で逮捕された清原和博など、薬を使用して肌の色が急激に黒くなった人は実際に何人かいます。

また、彼がアルコール依存症であることが判明し「では薬物も使用しているのでは?」と疑う人も急増しました。

 

 

アルコール依存症

山口達也の酒癖の悪さは、裏では結構有名だったようですが

今回の女子高生わいせつ報道で、山口達也がアルコール中毒である可能性さらに高まりました。

山口達也本人は

「肝臓の数値が高かったため、肝臓を休ませるために入院しながら仕事をしている」

と会見で発言し、アルコール依存症であることは否定していました。

しかし、お酒を飲み過ぎてしまうことが頻繁にあるようで、今回の事件も酔った状態で起こしたようなので、アルコール依存症である可能性は非常に高いと思われます。

sponsored link