sponsored link

2016年14歳でプロ入りを果たし
これまでの最年少棋士記録を更新するなど
現在まで多くの記録を更新している藤井聡太。

天才中学生と言われるほどの活躍ぶりで
現在最も将棋界で注目されている棋士と言えますね。

今回は現在大活躍中の藤井聡太の逸話や
面白いエピソード、かわいい笑顔、号泣など

藤井聡太の素顔について
詳しくまとめていきたいと思います!

藤井聡太の逸話!面白いエピソードまとめ

藤井聡太は小学生の頃、将棋のことを考えていて
ドブに落ちたことが2、3回あるそうです。

このエピソードを聞くと「天然」のようにも思えますね!

しかし、羽生竜王との対局前には

「ペットボトルのラベルは剥がした方がいいですか」

と気遣うなど、中学生とは思えないほど
しっかりしているところもあるようです。

実力派の女流棋士、室谷由紀二段も藤井聡太について

「藤井先生は神様です」

と発言しています。
しかし、藤井聡太本人は「自分はまだ強くなれる」と
淡々と語っています。

藤井聡太が負けた時は、新聞の一面で取り上げられ
6つのスポーツ新聞のうち5つの見出しが
藤井聡太の負けを伝える見出しだったことにも驚きです。

他にも、プロデビュー前のエピソードでは
小学生の時に、プロも参加している大会で優勝しています。

それだけでも藤井聡太の
天才ぶりはよくわかると思いますが
入門したその日に平手の対局で師匠に勝ったと言われています。

しかし、その時も師匠に勝ったことに
喜ぶことはなかったそうです。

将棋以外の日常生活では、学校の宿題は無意味と考え
宿題を提出しなかったそうです。

その為、職員室に呼び出され先生達と30分にわたり
宿題の意義について議論したと言います。

この宿題は無意味と考える理由については
授業を聞かず答えを写して提出している人が多いことから
宿題は無意味と考えるようになったようです。

他にも苦手な科目について聞かれた際には
美術が苦手と話し、何で絵を描かないといけないのか
わからないと話しています。

このように藤井聡太は

”自分が納得いかないことはやらない”

という一面もあるようで
天然だけではなくしっかりした一面もあるようです。

他には、藤井聡太が通っていた
子供教室の生徒数が3倍になったことや

将棋連盟が藤井聡太の扇子を発売したところ
一秒で売り切れてしまったこと

185億円の広告効果を生み出したなど
藤井聡太の影響は凄まじいことがわかりますね。

sponsored link

藤井聡太のかわいい笑顔まとめ

藤井聡太は対局中はかなり冷静で
あまり笑顔も見せないようですが

時折見せる笑顔がかわいいと
ファンの間で話題となっています。

あまり笑わない人が笑うと
とてもかわいく見えますね!

藤井聡太も笑顔がかわいいと言われるのは
あまり笑顔を見せないことも

笑顔の時は、やはり少し幼くなりますね!
中学生らしさが見えます。

この笑顔のかわいさからファンも急増し
現在大人気の騎士となったのかも知れませんね!

藤井聡太が号泣!昔のエピソード

藤井聡太は幼少期の頃から才能を発揮し
常に冷静に対局をしてきていますが

実は幼少期の頃は負けると火のついたように
泣きじゃくり号泣していたと言われています。

この号泣がきっかけで藤井聡太の負けず嫌いは
昔からとても有名だったと言われています。

藤井聡太が6連敗した時には
無言で新幹線で泣いていたとも言われており

藤井聡太の強さの秘訣はとんでもないほどの
負けず嫌いが理由となっているようですね。

以上、今回は藤井聡太の逸話や面白いエピソード
かわいい笑顔の画像や号泣エピソードなど
藤井聡太の素顔についてまとめてみました。

藤井聡太の素顔は、かなりの負けず嫌いや
自分の納得のいかないことはやらないなど
意外にも頑固なところがあるようですね!

それが藤井聡太の強さの秘訣なのかもしれません。

今後も藤井聡太の活躍に注目しながら
応援していきたいと思います。

sponsored link