sponsored link

1986年から1996年の間に
歌手や女優として活躍していた畠田理恵。

1996年に将棋棋士の羽生善治と結婚し
芸能界を引退しています。

畠田理恵の夫、羽生善治は最近
藤井聡太6段との対局で注目を集めていましたね。

それがきっかけとなり
羽生善治の妻である畠田理恵が現在話題となっているようです。

話題となっている内容については
良い内容とは言えませんが…。

そこで今回は、畠田理恵の現在や昔の画像を比較しながら
統合失調症の噂についてもまとめていきたいと思います。

畠田理恵の昔と現在の画像比較!

こちらが畠田理恵の昔の画像ですね。
とても綺麗で可愛いですね!

歌手や女優として活躍していた頃の画像です。
歌手としても順調だったようですが
1988年頃から歌手から女優業へと活動を転向。

女優としても順調に進んでいき
これまで数多くのドラマに出演しています。

そしてデビューから10年後の1996年に
将棋棋士の羽生善治と結婚し芸能界を引退。

1997年には第一子となる女の子を出産し
1999年に第二子となる女の子を出産しています。

羽生善治と言えば、永世7冠を達成し
国民栄誉賞を受賞しましたが

その国民栄誉賞を受賞することに羽生善治本人よりも
妻の畠田理恵が喜んだと言われています。
夫婦仲が良いみたいですね。

これまで、畠田理恵の昔の画像を紹介しましたが
次は現在の画像を紹介していきたいと思います。

こちらが畠田理恵の現在の画像です。

sponsored link

ネット上では、畠田理恵の現在が
激太りしているという噂が浮上していましたが
激太りと言うほどではないように思いました。

芸能界で歌手や女優として活躍していた頃と比較すると
激太りしたように見えますが

出産を2度経験し、それに現在47歳ですので
体型の変化は仕方がないと思います。

畠田理恵の病気の噂の真相は?

畠田理恵の病気の噂について調べてみると
統合失調症であったと言われていました。

統合失調症になったのは結婚当初の
1996年頃のことだったようです。

その原因となったのは
世間や周囲が原因だったと言われています。

1996年に羽生善治が永世七冠という
伝説的な偉業を達成し、大注目を集めました。
そして畠田理恵と羽生善治の結婚も1996年。

周囲からは

「お金目当て」
「羽生善治の名誉目当て」

と言われ、マスコミからも

「財産目当てか」

という質問をされ
一斉にバッシングを受けたそうです。

それがきっかけとなり
統合失調症になってしまったそうです。

そして、結婚式をあげる頃には
統合失調症が影響し激痩せ。

その当時、34kgまで激減していたそうです。

そもそも、統合失調症とはうつ病に近い病気のようで
意欲がなくなり幻聴が聞こえたり
会話さえもまともにできないと言われています。

それほどまでに追い込まれてしまっていたと思うと
とても可哀想に思いますね。

ということで、畠田理恵の病気や
統合失調症の噂は事実で間違いありませんでした。

畠田理恵の現在は?

最後に、現在の畠田理恵についてですが
現在は統合失調症も治り元気に過ごしているようです。

これらをまとめてわかったのは
畠田理恵は激太りしたわけではなく

激痩せから体型が戻ったことで
激太りと言われているのかも知れませんね。

結婚当初はたくさん世間からバッシングを受け
辛いことばかりだったとは思いますが

現在は羽生善治の良き妻と言われているので
これからますます家族仲良く過ごして欲しいと思います!

今後も畠田理恵や夫の羽生善治に注目しながら
応援していきたいと思います。

sponsored link