sponsored link

今回ご紹介するのは、モデル、舞台を経験し
現在は美容家として活躍されている「小澤美里」。

MISATOという名前でも活動しています。

これまで名前を聞いたことがない
という人も多かったと思いますが

彼女を一躍有名にしたのが
2018年2月1日発売の女性セブンのとある記事です。

なんと人気俳優の福士蒼汰の熱愛報道が出て
そのお相手とされているのが彼女なんです。

福士蒼汰の恋愛スクープには
多くの女性がショックを受けたのではないでしょうか。

と同時にお相手であるMISATOこと小澤美里にも
彼女はいったい何者なんだという注目が集まっています。

そして、スクープが出て
彼女に関する情報が広がる中で

一部の人から、顔を整形しているのではないかいう声が出てきています。

顔写真を見ると
目と鼻の部分に不自然な部分があり
目頭切開も疑われています。

今回はMISATO・小澤美里という女性の
噂になっている整形疑惑について検証していきます。

・整形疑惑浮上のきっかけ
・過去と現在の写真検証
・結局整形はしているのか

この3点でお送りしていきます。

整形疑惑浮上のきっかけ

彼女は以前モデルの仕事をしており
現在は美容のお仕事をしているとのこと。

そのため、非常に整った顔立ちをしていますね。

福士蒼汰のハートを射止めたのもわかるような気がします。

ただ、あまりにも整った顔立ちから
変だという声が上がっているのです。

確かにモデルが出来るだけの美貌をもち
人形のようにきれいに整っていますが
そこの部分が変に映るのかもしれません。

変だと疑われているのが目と鼻の部分。
目の部分は涙袋ヒアルロン酸注入と
目頭切開ではないかといわれています。

目頭切開は、目元など目の周囲にメスを入れることで
広がりの面積を大きくして目を大きく見せる手術です。

確かに彼女はぱっちりとした目が特徴的です。
問題はそれが自然なものか整形によるものかということでしょう。

目頭切開の手術を見極めるには
特徴である目頭の尖がり
周囲の皮膚の張りを基準に見るといいとされています。

これは後ほど過去と現在の写真を比べて検証したいと思います。

また、同時にその噂に拍車をかけているのが
「韓国」と「美容関連の仕事」という2つのワードです。

まず韓国は、言わずと知れた美容大国ですよね。

彼女のご両親は日本人という情報があり
彼女が韓国人だということではありません。

発端となったのは彼女のTwitterに
韓国旅行の様子がアップされており

そのことが整形大国である韓国と
彼女の繋がりを連想させたのかもしれません。

またもう一つのきっかけである
彼女の美容関係の仕事。

美容というワードが
整形に結びついているのだと予想できます。

確かに韓国では美容産業が盛んで
お仕事などもたくさんあるのだと思われます。

そのため、彼女の美容のお仕事というのは
韓国でしているのではないか、ということです。

しかし、現在彼女が韓国で
働いているという情報はなく

韓国で働いているという説の
信ぴょう性は低いと言わざるを得ません。

やはりこれら2つだけでは彼女との関連性が薄く
十分な証拠にはならないでしょう。

次に、彼女の過去と現在の写真を比較して
どのように変化したのかを検証していきます。

整形疑惑について、過去と現在の写真を検証

sponsored link

幼少期の写真は見つかりませんでしたが
おそらくこれが彼女の最も古い写真ではないでしょうか。

2013年の彼女の初舞台「オンナ、ひと憂い。」
久住小春演じるのぞみの妹役として出演しました。

そしてこれは2014年度「着物クイーン」のコンテスト。
23歳の時で、このときには見事クイーンに選ばれました。

これらは最近の写真となります。
過去と現在の写真の顔を比べて見ると
目頭や鼻の部分が少し変わったように見えます。

特に、目には明らかに違和感がありますね。

このツイートの画像を見ても
小澤美里の整形は明らかです。

もう一度、昔と現在の写真を比較して見ると…

やはり目が明らかにおかしいですね。
鼻のプロテーゼや輪郭を削る整形を疑う声も上がっていますが

何よりも目頭と涙袋がインパクト大です。

結局整形はしているのか

彼女は結局整形しているのかどうかについてですが
写真を見比べてみると明らかに目がおかしいということがわかりました。

よって、整形の可能性は高いと思われます。

元から十分美人だったのに
整形してしまってもったいないですね。

目を開きすぎて
典型的な目頭切開の怖い顔になってしまっています。

小澤美里の整形も気になりますが
福士蒼汰との熱愛が発覚したのは最近なので
2人の関係にも注目していきましょう。

 

sponsored link