sponsored link

乃木坂46のメンバーでファッション雑誌「non-no」の
専属モデルも務める西野七瀬。

2011年に乃木坂46のオーディションに合格し
アイドルとして芸能界デビューを果たしています。

もともとモデルになりかったようで
乃木坂46のオーディションを受ける前に
モデルのオーディションに応募していたりもしたそうです。

そして現在、アイドルやモデルとして活躍している
西野七瀬ですが劣化で老けたと話題となっています。

そこで今回は西野七瀬がおばさん化したと言われる画像や
顔が変わった原因についてまとめていきたいと思います。

西野七瀬のデビューから現在までの画像

こちらが西野七瀬の2011年の画像です。
乃木坂46としてデビューした頃の画像ですね。
当時西野七瀬は17歳だったようです。

こちらが2012年の画像です。
この頃モデルとしてもデビューを果たしています。

そしてこちらが2013年の画像です。
この年に西野七瀬は高校を卒業しています。

大学に進学はせず、本格的にアイドルや
モデルとして活躍を始めます。

こちらは2014年の画像です。
これまで画像を比較しても大きな劣化は見られませんが
自撮りとなるとやはり雰囲気が変わりますね。

そしてこちらが2015年の画像です。
先ほどの画像と比較すると少し顔が変わったように見えます。
特にほうれい線が目立ちおばさん化したように思います。

そしてこちらが2016年の画像です。
やはりデビュー当時と比較すると劣化しているように見えますね。

しかし、この画像は西野七瀬の短所と言われる
「歯」が全面的に出ているため
余計に劣化が目立つのかもしれません。

そしてこちらが2017年現在の画像です。
デビュー当時から現在までの画像を比較してみると
顔が変わったことや劣化しておばさん化したと
言われるのも納得でした。

sponsored link

西野七瀬の顔が変わった原因は?

デビュー当時から現在の画像を比較すると
西野七瀬の顔が変わったことは明らかですが

その原因について調べてみると整形疑惑が
浮上していました。

こちらは西野七瀬のデビュー当時の画像です。

そしてこちらが現在の画像です。
こちらの画像を比較して1番変わったと思うのは
目元です。

デビュー当時の画像を見るとつり目ですが
現在の画像を見るとタレ目に近い目になっています。

他にも昔の画像を見ると二重が末広型ですが
現在は綺麗な並行二重に変わっています。

顔のパーツで変わったところは目ぐらいですが
目の形から二重まぶたに至るまで

完全に目が別人になっているので
整形疑惑が浮上するのも仕方ないですね。

しかし、目はアイプチで二重にして
メイクでたれ目に見せることもできるので

整形したというよりは化粧とアイプチで
目が変わったように見える可能性の方が高いと思われます。

西野七瀬が劣化しておばさん化した原因

西野七瀬が劣化しておばさん化していると言われるように
なったのは最近からのようでファンの間では
心配の書き込みも多く見られました。

西野七瀬が劣化しておばさん化したと言われたきっかけは
NHKの深夜番組に出演していた姿が原因のようです。

こちらが劣化したと話題となった時の画像です。
確かにほうれい線が目立ちおばさん化していますね。
現在23歳とは思えないほど老けたように見えます。

西野七瀬が老けた原因については
疲れが原因ではないかと言われています。

アイドルの他にもモデルとして活躍しているため
多忙なスケジュールから一気に老けたのではと
ファンの間で噂となっています。

しかし、西野七瀬以上に多忙なスケジュールの
女優やモデルはたくさんいるため
本人の管理不足ではないかという意見も見られました。

確かに、大人気女優やモデルは常に体型維持や
肌の管理まで徹底的におこなっているため
あまり劣化の噂も出ないように思いますね。

老けたと言われる西野七瀬ですがこちらの画像を見ても
普通に綺麗だと思うのでまだまだ劣化ほどの
おばさん化とは言えないのかも知れませんね。

今後も西野七瀬の変化に注目していきたいと思います。

sponsored link