sponsored link

2006年から女優として活躍している杉咲花。

本格的に女優として活動を始めたのは
2011年頃でそれまでは梶浦花の名前で
子役として活動していました。

杉咲花が知名度をあげるきっかけとなったのは
Cook DoのCMで回鍋肉を食べる美少女として
注目を集めました。

2014年には日経トレンディ主権の「2015年の顔」にも
選ばれており、2015年には日本アカデミー賞など
数多くの賞を受賞し、現在注目を集めています。

そこで今回は、注目の若手女優、杉咲花の
家族構成や実家について詳しくまとめていきたいと思います。

杉咲花の出身校・実家はどこ?

杉咲花の本名は公開されておらず、通っていた学校などの
情報も非公開でした。

ネット上での情報によると、杉咲花の中学校は
東京都にある上原中学校だと言われています。

そして中学校卒業後は
芸能活動をおこなっていたことから

芸能界御用達の高校・堀越高校の
トレイトコースに通っていたようです。

高校卒業後は大学に進学することはなく
女優業に専念しています。

杉咲花の実家については中学校が東京都の
上原中学校であることから

東京都渋谷区上原付近に実家がある可能性が高いと
言われています。

杉咲花の両親は有名人!

杉咲花の両親は杉咲花が幼い頃に離婚していますが
父親と母親どちらも有名人のようで
杉咲花は二世タレントだと言われていました!

杉咲花の父親は「木暮武彦」という方。
愛称が「shake」と呼ばれるギターリストです。

若者にはあまり知られていませんが
1970年代前の世代にはかなり知名度が高い
ギターリストだったそうです。

杉咲花の父親は「レベッカ」という大人気だったバンドの
初代リーダーとして活動していました。

他にも「レッドウォリアーズ」というバンドにも
在籍しており人気のギターリストだったようです。

sponsored link

そして杉咲花の母親については「チエ・カジウラ」という人で
現在も現役の歌手として活動しているようです。

チエ・カジウラとしてTVアニメの「マクロス7」の
ミレーヌを歌った人としても注目されました。

杉咲花の両親はどちらもミュージシャンであるようです。

しかし、父親の木暮武彦と母親のチエ・カジウラは
杉咲花が幼い頃に離婚しているため
杉咲花と父親の木暮武彦に面識があるのかは不明です。

杉咲花の家庭が複雑すぎる!?

杉咲花の家族構成について調べてみると
家族構成が複雑すぎるとネット上でも話題となっています。

先ほど紹介したように、両親が幼い頃に離婚していることの
他にも複雑と言われる原因が有るようです。

その原因とは、杉咲花の父親・木暮武彦が
原因と言われていました。

杉咲花の父親、木暮武彦は
これまで3度の結婚をしていました。

一人目が「レベッカ」のボーカルを務めていたNOKKO。
1990年に結婚し1993年に離婚しています。

そして2人目が杉咲花の母親、チエ・カジウラ。
1996年に結婚し、杉咲花が誕生していますが
2000年に離婚しています。

杉咲花は子役時代、梶浦花として活動していたため
母親の姓を名乗っていたようです。

そして3人目が15歳年下の一般人女性と結婚。
この女性との間に男の子が誕生しています。

そのため、母親は違いますが杉咲花には父親が同じの
弟がいることになります。

結婚と離婚を繰り返しており、母親が違う弟がいることから
杉咲花の家族構成は複雑だと言われているようですね。

以上、今回は注目を集める若手女優の家族構成や
実家についてまとめてみました。

父親との面識があるのかは不明ですが
母親と仲良く暮らしているようなので
心配はいらないようですね!

今後もますます活躍する女優となってほしいと思います!

sponsored link