sponsored link

大人気アイドルグループ嵐のメンバーであり
俳優やタレントとしても活躍している二宮和也。

嵐のメンバーの中でも元気なキャラで大人気ですね。

しかし、実は二宮和也は怪我や病気を何度も
繰り返しているようです。

二宮和也は持病も持っているようで
ライブ内容も変更したりすることもあるようです。

そこで今回は、二宮和也の持病や
これまでの病気、怪我などについて
詳しく紹介したいと思います。

二宮和也の持病について

二宮和也はジャニーズJr.時代から現在も治っていない
持病があると言われています。

その持病とは、坐骨神経痛
腰痛で坐骨神経痛になってしまい
慢性化したようです。

坐骨神経痛になってしまった原因については
ジャニーズJr.時代からバク転を繰り返していたことが
原因の1つになってしまったようです。

二宮和也の持病と言われる坐骨神経痛については
腰から足にかけて伸びている「坐骨神経」が
圧迫や刺激により痛みや痺れなどをおこす症状があるようです。

坐骨神経痛はほとんどが腰痛に続いて発症すると言われており
お尻から足先までの痛みや痺れの他にも
歩行障害になることもあると言われています。

そのため、ハードな体当たりのロケはNGを出していると
言われています。

他にもバラエティ番組では椅子に座布団をひいて
対処していたり嵐のメンバーから助けてもらう場面も。

この収録時もかなり腰が痛かったのか
痛そうな素振りは見せなかったものの
スタッフに靴を履くのを手伝ってもらっていました。

嵐結成から15周年の記念ライブをハワイで開催した時にも
腰痛が悪化していたようで初日のMCのワンシーンに
二宮和也が登場しなかったのもこの腰痛が原因のようです。

登場時もステージが上昇するタイミングに合わせて
ジャンプをする、ジャンプアップから
スライドアップに変更したとも言われています。

腰痛があまりにも酷い時には杖を持って歩いているとも
言われていました。

こちらは2009年のFAS歌謡祭での画像ですが、
二宮和也の手に写っているのが杖の取っ手ではないかと
言われています。

そこまでの持病を抱えながらも常にダンスパフォーマンスを
完璧にこなしている姿を見るととても驚きますね。

しかし、ライブなどのステージに上る際には
痛み止めの注射を打っているとも言われています。

バラエティ番組などでは、やはり腰が痛むのか
体を駆使する競技などには
事前リタイヤをすることが多いですね。

二宮和也の腰痛について嵐ファンからも
常に心配されているようですが
メンバーも二宮和也の持病のことを分かっているため

たくさんのサポートがあり二宮和也は
現在も嵐として活躍していられるのだろうと思います。

二宮和也のこれまでの病気や怪我について

明るく元気なキャラの二宮和也ですが
持病の腰痛以外にもこれまでに多くの病気や怪我を
してきたと言われています。

そこで次は、二宮和也のこれまでの病気や怪我について
詳しく紹介したいと思います。

二宮和也はジャニーズJr.時代にバク転で腰痛を
持病に抱えてしまったことは紹介しましたが

ジャニーズJr.時代にはバク転をした際にアクシデントで
左手を複雑骨折の怪我をしたこともあるようです。

sponsored link

その複雑骨折の後遺症で左手の握力が弱いようで
左利きの二宮和也にとってこの後遺症は大変辛いようです。

そして、2004年にはバク転した時に出来た
親指の傷から菌が入り、リンパ菅炎にもなっています。

このリンパ菅炎になった時、ツアーの最中だったようで
病院からツアーが行われた横浜アリーナまで
通ったと言われています。

リンパ菅炎になった時は左腕に風や服が当たるだけでも
激痛だったようですが、ステージに上がる際には

点滴や痛み止めの注射を打ちステージでは
痛がる素振りなど少しも見せなかったと言われています。

そして、2005年にはナイフで切りつけられ
怪我をしていたとも言われています。

この話はほとんどおおやけにはなっていませんが
仙台のライブ終わりに出待ちするファンにKAT―TUNの

ファンが混ざっておりナイフで二宮和也の足を
切りつけたと言われています。

切りつけたKAT―TUNファンは松本潤の足を
狙ったそうですが、結果的に二宮和也が怪我を
負わされてしまったそうです。

しかし、このナイフで切りつけられた当日の20時からは
生放送のミュージックステーションに出演しており
幸いにも軽い怪我で済んだようです。

しかし、この話は最初に紹介したように
ニュースなどでおおやけになっていないため
嘘ではないかとも言われています。

2012年には「HEY!HEY!HEY!」のリハーサル中に
肉離れをおこし応急処置として痛み止めの注射を打って
本番に挑んだそうです。

新曲を披露しましたが歌い終わりはける時に
松本潤が二宮和也を支えていたと言われています。

その時、二宮和也は足を引きずりながら
はけていったようでファンからも心配の声が多く
あがっていました。

二宮和也の怪我の原因について

二宮和也は持病や病気、怪我でこれまでたくさん
辛い痛みと付き合ってきたようですが

二宮和也がここまで多くの怪我や病気を繰り返すことには
原因があると言われています。

その原因とは持病の腰痛の後遺症はもちろんですが
筋肉があまりにも少ないことが原因とも言われています。

こちらの画像を見てもわかるように二宮和也は
ファンやメンバーから「子供みたいなお腹」と言われており

お腹だけをみるとけっこう出ていますね!
一部のファンからは「ぽにょ宮」と呼ばれているようです。

二宮和也本人も人間ドックでもう少し運動することを
勧められたと話していました。

他にも医者から言われたとし、筋肉の繊維が
女の子以下と言われたことも明かしていました。

調べてみると、二宮和也は鍛えても無理だと医者から
忠告されるほどあまり筋力トレーニングができないようで
もともと筋肉がつきにくい体質のようです。

人間の体を支えるうえで
筋力はとても大事な役割を果たしていますが

その筋肉がつかない体質となれば
今後も怪我や病気と付き合っていくしかないのかも知れませんね。

以上、今回は二宮和也の持病やこれまでの病気や怪我について
紹介しました。

筋力がつかない体質なのは仕方がありませんが
今後の二宮和也の活躍が心配になりますね。

持病の腰痛やこれ以上の怪我や病気などには
気を付けながら今後も大活躍して欲しいと思います。

sponsored link