sponsored link

2001年からグラビアアイドルやバラエティタレントとして
活躍している小倉優子。

2002年頃から「こりん星」と自己創作のキャラクターで
知名度があがり世間から人気が出ました。

そして2011年の10月に美容師の菊地勲と
婚姻届を提出しています。

その翌年2012年に第1子の男児を出産し
2016年には第2子となる男児を出産しています。

しかし、第2子出産後すぐに夫の菊地勲の不倫が
発覚し2017年に離婚しました。

そんな小倉優子ですが
若い頃と現在の顔が違うと言われています。

どうやら、目が変で怖いと言われているようです。
そこで今回は、小倉優子の若い頃と現在の画像を比較しながら
目の変化についてもまとめていきたいと思います。

小倉優子の昔・若い頃の画像まとめ!

こちらは学生時代の卒業アルバムの画像のようです。
この頃はホクロが目立ちますね。

こちらは小倉優子が16歳の頃の画像です。
イメージと違い金髪のギャル時代もあったことに驚きです。

そしてこちらがデビュー当時の画像のようです。
目については、タレ目ですが細いですね。
ホクロも顔全体にあったことがよくわかります。

可愛くないわけではないですが、残念に思うところが
多くありますね。
こちらの画像を見ても目が腫れぼったい目をしています。

小倉優子の昔・若い頃の画像を見ると変化したところが
多く見られました。

顔全体のホクロや目の大きさ、鼻の高さなど
ほとんど整形して変わっているのではないかと思います。

小倉優子の現在の画像まとめ!

こちらは小倉優子の昔・若い頃の画像です。
こちらの顔と現在の顔を比較してみます。

ちょっと違いますね。
目と鼻の変化については整形の可能性がありますね。

sponsored link

このメイクだと日本人の顔というより
外人っぽい顔立ちに見えますね。

目も不自然に大きくなっており変だと言われていますが
このメイクだと不自然に見えるのも納得です。

芸能人は常に見られる仕事であるため
少しの整形などはよく聞きますが

小倉優子は少し目が大きくなりすぎているようにも見えます。
メイクの力か、目頭切開か、少し悩んでしまいますね。

小倉優子の目が変!原因は整形?

ここまで小倉優子の昔・若い頃や現在の画像を比較してみましたが
顔の違いがあるのは確かでした。

そこで、小倉優子がしたとされている整形手術について
詳しくまとめていきたいと思います。

1.ほくろ除去

ホクロ除去の手術は高額と言われています。

直径1mm未満のホクロで5,000円
直径1mm以上2mm未満 7,000円
直径2mm以上3mm未満 8,000円

と1mm単位に+1,000円ほどとなっているようです。
ホクロ一つにつきこの値段は顔全体にホクロが
あった小倉優子はホクロ除去だけでもかなりの金額がかかっていそうですね。

2.目

こちらは明らかに大きさが変わっています。
目頭切開をしていると言われていますが、
目頭に変化は見られないため目頭切開ではなさそうです。

しかし、小倉優子が目を整形していることは間違いないため
調べてみると、理没法の手術を行ったようです。

小倉優子は元々平行型の目をしていて二重ですが
整形後は二重の幅が大きくなり目が丸く大きな目に変わっています。

あまりにも不自然な目になっており
怖い目になってしまったようにも見えますが
小倉優子の年齢を考えると美人すぎるように思いますね。

3.鼻

もともと平らな鼻の形でしたが明らかに
高くなっています。
この鼻についてもプロテーゼを入れていると
言われています。

現在二児の母親でもある小倉優子ですが
母親とは思えないほど綺麗で可愛い女性ですね。

しかし、少しやりすぎて顔が怖いため
これ以上顔が変わらないことを期待していきたいですね。

今後も母親としてはもちろん
タレントとしても小倉優子の活躍に注目していきたいと思います。

sponsored link