タレントやモデル、歌手として活躍するローラ。
若い世代から特に大人気のローラですが

最近では所属事務所のLIBER(リベラ)との問題が話題となっています。

そこで今回はローラと所属事務所のリベラの闇について
詳しくまとめていきたいと思います。

sponsored link

ローラと所属事務所LIBERAのトラブル

はじめに、ローラと所属事務所LIBERAのトラブルが
話題となったのは、ローラのTwitterの発言からでした。

2017年6月17日にローラが

黒い心を持った人とは絶対に一緒にいたくない。
10年の信頼をかえしてください。

などとTwitterで発言しています。

この発言に対し、いつも明るいローラがここまで
落ち込んだような発言をしたのが珍しい為
心配の声がたくさんあがっていました。

そしてネット上では”黒い心を持った人”とは彼氏なのではないか
とも噂されていましたが

ローラの所属事務所LIBERAの社長・羽布津康史に対しての
発言の可能性が高いと言われています。

その理由は”10年の信頼をかえしてください”の部分にあります。

ローラは17歳の時に渋谷でスカウトされ
現在27歳のローラはスカウトされてちょうど10年になる為
社長の羽布津康史との付き合いは10年になります。

そのため「10年の信頼をかえしてください」の発言にも
合致すると言われています。

その上、社長の羽布津康史とローラはもともと犬猿の仲と
言われるほど仲が悪かったようです。

社長はタレントの私生活も管理しようとしてきたそうで
その度にローラが反発していたと言われています。

しかし、1番のトラブルの原因となっているのは
事務所とローラの契約内容でした。

問題となっている契約内容は2010年7月の内容です。

有効期限が満10年
期間満了の三ヶ月前までに契約更新しない意向を伝えても
事務所の了承がなければさらに10年更新される

というあまりにも酷い契約内容のようです。

デビュー当時からずっと仕事を共にしてきたマネージャーや女性役員など
5人ほどのスタッフがこの数年で次々に退社していったことから
ローラも事務所に対しての不信感が強くなっていったのかもしれませんね。

ネット上では、奴隷契約とも言われ
ローラを援護する声が多数あがっています。

社長の羽布津康史が黒すぎる!

LIBERA社長の羽布津康史について
今回ローラとの騒動で初めて名前を聞いた方がほとんどではないでしょうか。

生年月日は不明ですが年齢は40歳手前と言われています。
40歳手前で社長とは、やり手の若手社長のようですね。

羽布津康史は大学時代にボディビル大会に
出場したこともあるほどの体格のようです。

この画像のローラの横に座るイカつい男性が
LIBERAの社長・羽布津康史です。

推定年収は5千万~と言われています。
40歳手前にして最低でも5千万の年収を得ていると言われています。

LIBERAの評判・事務所タレントは?

ローラの所属事務所LIBERA(リベラ)の所属タレントは
ダレノガレ明美などのハーフモデルの他にも
フリーアナウンサーの枡田絵理奈や藤井サチがいます。

sponsored link

2005年に設立され、資本金が5000万。
決して大きい事務所ではありませんが

多数の人気のタレントたちを発掘しており
小さい事務所とはいえ稼ぎは多いといえるでしょう。

多数の人気タレントが所属しているとはいえ
やはりローラが一番の稼ぎ頭になっているようです。

男女問わず大人気のローラですから
ローラが抜けると事務所側も大きなダメージがありそうですね。

ローラの事務所は「キングダムエンターテインメント」から
LIBERA」に社名変更し

数多くのモデルが所属する事務所から
少数の小さな会社になっています。

モデル中心のマネージメントから方針転換し
急速に伸びた事務所だともいえます。

LIBERAの評判は悪くはなくどちらかというと好評で
1番の理由はスタッフが他の事務所と比べて
素晴らしい人材が揃っているからだと言われていました。

しかし、社長の羽布津康史が退社に追い込んでしまうので
入れ替わりが激しいのが事実のようですね。

本当の黒幕はデザイナー?

これまで、ローラとLIBERA事務所や社長の羽布津との
問題についてまとめましたが

ローラが事務所を離れるのは黒幕が他にいる
言われていることがわかりました。

ローラが10年間耐え続けて我慢の限界に達したため
今回の騒動にまで発展したと言われていますが
黒幕とは一体どういうことなのでしょうか。

こちらがマッシモ・ジョルジェッティという名の
イタリアのデザイナーです。

もともとインスタグラムでコミニケーションをとったことから
2人の付き合いは始まったようです。

プライベートでも手紙やプレゼントを贈りあったり
一緒にディナーを楽しんでいるようです。

ローラは私服はマッシモがデザインするブランドの
「MSGM」しか着ないと言われています。

この画像を見ても友人というよりも恋人なのではないか
と思うほど仲が良さそうですね。

ローラは自分の芸能活動も
マッシモに相談して決めるという状況になっているようです。

マッシモが黒幕と言われていますが
相談してアドバイスを貰うことは悪いことではないため
黒幕と言われるマッシモに少し同情してしまいますね。

今回はローラと闇の事務所リベラや社長の羽布津について
まとめてみましたがいかがでしたか?

個人的には、黒幕とされるイタリアのデザイナーの
マッシモについては単なる噂のように思います。

やはり、1番はローラの事務所や羽布津に対する不満が
我慢の限界に達していたことが原因だったのではないかと思います。

最近ではテレビの露出も少なくなってしまったローラですが
このままリベラ側から芸能界を干されてしまうのでしょうか。

ローラとリベラ事務所の対立がどのような結末を迎えるのか注目ですね。

sponsored link