sponsored link

1999年度の東宝シンデレラオーディションに応募し
当時、史上最年少の12歳でグランプリを獲得したのがきっかけとなり
芸能界デビューした長澤まさみ。

2000年に芸能界デビューを果たしていますが
それからすぐに仕事を貰えていたようで
12歳から女優としての知名度をあげていっています。

男女からとも人気がある長澤まさみですが
最近は劣化した、顔が変わったと言われるようになってしまいました。

そこで今回は長澤まさみのデビュー当時から現在までの画像を比較しながら
長澤まさみの劣化疑惑についてまとめていきたいと思います。

長澤まさみが劣化したと言われたきっかけ

長澤まさみが劣化したと言われるようになったのは
2016年頃からのようです。

2016年の5月に放送された
とんねるずのみなさんのおかげでした』に出演したのがきっかけのようです。

放送終了後からネット上では
「目のシワが目立つ」や「アゴがたるんでいる」などと
長澤まさみが劣化したと言われる書き込みが多く見られました。

しかし、2016年の放送時は既に28歳だった為
30歳を前に劣化したと言われても仕方がないという意見も見られました。

デビュー当時から綺麗で可愛いと評判だった長澤まさみですが
その一方でもともとシワが目立つことは指摘されていました。

特に若いのにほうれい線があることなど
実年齢より年上に見られる老け顔と言われていました。

デビュー当時から現在までの画像

こちらが長澤まさみのデビュー頃の画像です。
12歳でこの可愛さは驚きました。

顔が既に整っていて美少女と言われるのも納得です。

こちらはまだ学生時代の長澤まさみの画像です。

こちらの画像をみると老け顔とは思いませんでしたが
ほうれい線は目立つように思います。

そしてこちらが17歳頃の画像です。
髪をベリーショートに切ったからか17歳には見えませんでした。

老け顔が目立つと言われるようになったのはこの頃からのようです。

そしてこちらが20歳頃の画像です。
少し太ったようで、デビュー当時の画像と比較すると若干劣化したように思います。

こちらが25歳頃の画像です。
清楚系の長澤まさみでしたが赤髪に変わり
その上顔も変わったように見えます。

特に目立つのはほうれい線の他に目尻のシワです。

20歳頃までは目尻のシワは目立っていませんでしたが
やはり25歳頃になるとシワも増えてしまうようです。

sponsored link

そしてこちらが、2017年現在の長澤まさみの画像です。

先ほどの画像と比較しても…別人のように変わっています。
シワが目立つと話題になるのもわかります。

化粧も濃いため余計に老け顔が目立っていますね。
美人なのに変わりはありませんが
劣化したと言われるのも事実のようでした。

長澤まさみが劣化したと言われる原因は?

ここまで長澤まさみのデビュー当時から
2017年現在までの画像を比較してみましたが
確かに劣化したと言われても仕方がないほど老けて見えました。

そこで長澤まさみが老けたと言われる原因を
いくつかご紹介したいと思います!

もともと老け顔だったのは20歳頃の画像をみるとわかると思います。
その上、長澤まさみはシワが出来やすい体質なのだと言われていました。

体質だと仕方がないことだと思いますが
体質の他にもメイクが原因となっているようです。

こちらの画像をみると長澤まさみはもともと
清楚系のナチュラルメイクでした。

しかし最近の長澤まさみは厚化粧をしていることが多く
そのため老けているように見えるのだと思います。

目の上のアイシャドウもそうですが
眉毛が濃い最近流行りの太眉に変えたことで化粧が濃く見えてしまいます。

太眉も似合ってないわけではないですが
老け顔の長澤まさみにはナチュラルメイクが1番似合っているように思います。

以上、長澤まさみの劣化についてまとめてみました。

12歳から芸能界で活躍している長澤まさみも
2017年現在30歳になり大人の女性として見られたいのかもしれませんね。

個人的にもナチュラルな長澤まさみが1番可愛いと思うので
今後ナチュラルメイクの長澤まさみに戻ってくれるのを期待しています。

sponsored link