2015年からアイドルグループ「欅坂46」の
メンバーとして活動している平手友梨奈(てち)。

何かの目標に向かって全力で頑張りたい

と自分を変えるためにアイドルになることを
志したことがデビューのきっかけとなったようです。

その後、欅坂46の第1期生オーディションに見事合格し
地元の愛知県を出て上京しています。

そんな平手友梨奈は現在16歳ですが
ネット上では

てちは中学生時代ぼっちで友達がいなかった

と噂されています。
そこで、今回は平手友梨奈の中学生時代についてまとめていきたいと思います。

sponsored link

平手友梨奈の中学生時代がぼっちだと言われる原因は?

なぜ平手友梨奈は中学生時代ぼっちで友達がいなかったのではないか
と言われるようになったのでしょうか?

さっそく平手友梨奈の中学生時代についてまとめていきたいと思います。

彼女がぼっちであるとの噂が出た原因の一つは
彼女が幼少期の頃から愛知県にいた頃までの話を語りたがらないからなのだそうです。

理由はわかりませんが、他のアイドルたちがデビュー前のことついて語る中
平手友梨奈はデビュー前のことについて話すことはほとんどなく

話したくないほど嫌な思い出があったのではないか
と言われています。

その上、中学時代に平手友梨奈は過去に何かあったことを
うかがわせるような発言をしています。

こちらの画像ですね。
中学生で「過去には絶対に戻りたくない」と、てちは語っていますが
彼女に一体何があったのでしょうか。

平手友梨奈の性格は?

先ほど紹介した
過去には絶対戻りたくない」といった発言や
過去の話をしたがらないことなどは
平手友梨奈の性格に関係があるのかもしれません。

sponsored link

そこで、次は平手友梨奈の性格についてまとめていきます。

彼女は小学生・中学生どちらの学生時代も目立つことはなく
暗いタイプの性格だったようです。

小学校に入ってすぐの頃、人と関わるのが面倒になり
いつも1人でいたようです。

休み時間などでも学生時代はいつも1人だったと語っていました。

しかし、家に帰ると元気に歌ったり踊ったりするなど
明るい性格だったそうです。

これを見る限り、根暗なわけではないけど
友達付き合いが出来なかったのかもしれませんね。

平手友梨奈の中学時代の写真

てちは休み時間もずっと学生時代は1人だったと発言していますが
中学生時代はバスケ部に入部していました。

こちらの画像がバスケ部の友達と撮った写真だと言われているものです。
これを見る限り、1人も友達がいなかったというわけではなさそうですね。

完全に1人でいたわけでもなさそうですし
”ぼっちだった”とは言えないでしょう。

ただ、友達は少ない方だったということだと思われます。

今回は平手友梨奈の中学生時代のぼっち疑惑についてまとめてみました。

最近では平手友梨奈の悪い噂も流れており
欅坂46のデビュー曲でいきなりセンターに選ばれたことから
かなりの天狗になっているなどと言われています。

それでもアイドルの中でもあまり知名度が高いとは言えないため
今後の平手友梨奈が知名度をあげつつ幅広く活躍してくれることを期待しましょう!

sponsored link