羽生結弦も!?ドーピングの効果・副作用と薬一覧!禁止・使用可能の違いは!?

羽生結弦も手を出している!?

禁止薬物の恐ろしさとは!?ドーピング一覧公開!

sponsored link

ドーピング検査が始まったきっかけ

ドーピングとは知ってのとおり
スポーツ選手が試合に際し禁じられている薬物を使用することを指します。

公正さを守るというスポーツ精神の立場に加え
医学上の立場からもドーピングは問題視されています。

それにしても、なぜ薬物を使用することが禁じられるようになったのでしょうか。
実は、禁止薬物が公表されドーピング検査が正式に行われるようになった事にはきっかけがありました。

それは、ドーピングにより競技中に死亡した選手が出たことです。
1960年ローマ・オリンピック競技大会でデンマークの自転車選手である
ヌット・エネマルク・イェンセンが興奮剤の使用により23歳の若さで死亡しました。

彼はアンフェタミンを含む薬物を使用していたようです。
アンフェタミンは強い中枢神経興奮作用および精神依存、薬物耐性があるため
日本では覚醒剤に指定されています。

イェンセンの死によって国際オリンピック委員会は1961年より薬物対策委員会を設立し
1968年のグルノーブル・オリンピック冬期競技大会から正式にドーピング検査が行われるようになったのです。

禁止薬物とその効果・副作用一覧

ドーピング検査の対象となる禁止薬物と
その効果・副作用はどのようなものなのでしょうか?
主なものを以下に記します。

①興奮剤

効果 :眠気や疲労感をなくし、闘争心と集中力を高める
副作用:めまい、震え、吐き気、不眠、発汗、疲労など。長期的に使用すると精神錯乱、攻撃性、性欲亢進、幻想などが現れることがある

②麻薬性鎮痛剤

効果 :多幸感や無敵感を選手に与え、運動中の苦痛を減らす
副作用:連用すると依存性が増し、中断により禁断症状が現れる

③蛋白増加剤

効果 :筋肉増強作用がある
副作用:男性の場合は睾丸萎縮、女性化乳房、脱毛など。女性の場合は月経異常、乳房萎縮、男性化など。他にも吐き気、めまい、頭痛、発熱、精神異常などが見られる

④利尿剤

効果 :減量を容易にする。また、他の薬物をより速やかに尿中に排泄し、ドーピング検査時に薬物を検出しにくくする
副作用:不整脈を誘発し、時に心肺停止を起こすこともある

主な禁止薬物は以上のものです。
他に一定の規制の対象となる薬物としてアルコール、マリファナ(大麻)、局所麻酔剤などがあります。

また、薬物ではないのですが血液ドーピングなども禁止されています。
これには他人の血液、または血液製剤を使用することで

酸素運搬能力の増加により持続力向上させる効果があります。
副作用は不適合輸血による腎臓障害、肝炎、エイズなどの感染症などです。

以上、禁止薬物の効果・副作用について簡単に説明しましたが
もっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください↓

http://www.jtu.or.jp/kyougikisoku/dope1.html

羽生結弦が薬漬け!?

何度も優勝し世界記録も持つフィギュアスケート選手・羽生結弦。
そんな彼も実は薬漬けだったと2017年4月に週刊誌が報じました。

sponsored link

彼は禁止薬物は使用していないものの
合法ギリギリの薬物を使用しているというのです↓

確かに羽生結弦は顔色が悪かったり↓

妙に興奮して瞳孔が開き、テンションが高かったり↓

本番前の練習中に他の選手とぶつかって怪我をして血を出しながらも演技に挑んだり
変になよなよして女っぽかったりと違和感が感じられますよね。

そう考えると彼が合法ギリギリの薬物を使用しているというのも
信憑性があるかもしれません。

興奮剤に近いものを服用し興奮状態になり、蛋白増強剤に近いものの服用で女性化しているのではないか
と考えてしまいます。

とはいっても、これは取り立てて報じることのほどでもないかもしれません。
同レベルの選手たちが競い合うスポーツ界では、ほんの少しの差が優勝につながります。

そのほんの少しの差異を生み出すために
合法ギリギリの薬物に手を出すという考えは誰もが行き着くことのようにも思えます。

知られていないだけで多くの選手が”合法だけど危険な薬物”に
手を出しているのではないでしょうか。

特にフィギュアスケート選手は”短命”で
選手として活躍できるのは20代までが限界ですから

今さえ勝てれば…
と後の副作用も顧みず薬物に手を出しかねないでしょう。

羽生結弦もそのうちの一人…というよりその代表なのでしょう。
副作用も顧みずに危険薬物を摂取するほどに勝ちたいのだと思うと
少しは大目にみようという気分にもなりますね。

ということで
今後も羽生結弦や他の選手たちを応援していきましょう。

sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 道重さゆみが復帰!?激痩せ、激太り、拒食症、卒業、現在…彼女の今までのまとめ![画像]

  2. [ホンマでっか画像]香里奈の劣化・老化が酷すぎる[2017年現在]

  3. 新垣結衣と星野源は仲良し?相性は?『逃げ恥』キスシーンで炎上!?[画像あり]

  4. 広瀬すずが太った?ソフトバンクCMの激太り理由はストレス!?2017画像つき!

  5. 河北麻友子が細すぎる!実は拒食症で吐きダコあり!?体重は?写真・画像多数!

  6. 海老沼さくらの高校はどこ!?出身地は大和市!?画像・写真つき!

  7. 五郎丸歩が結婚した嫁はだれ!?子供は!?画像・写真つき!

  8. 石原さとみは人によって態度変えると悪評!?大女優も「苦手」と苦言!?評価まとめ!

  9. 観月ありさの昔・子役時代がかわいすぎる!画像・写真多数!現在は劣化した!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

話題の記事

最近の記事

おすすめ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

おすすめ記事2

PAGE TOP