湘南乃風・若旦那とMINMI離婚なぜ!?薬物使用でDV!?子供が母側につく理由は!?

離婚3

湘南乃風・若旦那とMINMI離婚なぜ!?

薬物使用・DVが原因で離婚!?

子供がMINMI側についた!?真相迫る!

sponsored link

湘南乃風・若旦那とMINMI離婚の理由は!?
まずはプロフィールから!

プロフィール

離婚2

芸名 : 若旦那
本名 : 新羅慎二(にらしんじ)
生年月日 : 1976年4月6日(39歳)
出身地 : 東京都世田谷区
血液型 : A型

・レゲエグループ・湘南乃風のメンバー
・少年時代は不良だった
・2007年6月26日、MINMIが自身との子を妊娠していること、子の誕生後に結婚式を行うことを発表
・2007年11月18日、長男誕生と共に入籍。
子供は3人で、男の子2人、女の子1人


 

離婚

芸名 : MINMI
生年月日 : 1974年12月8日(41歳)
出身地 : 大阪府

レゲエのシンガーソングライター
左利きである
・幼少期からピアノを弾いており、1996年ごろから作詞・作曲を手がけ始める

sponsored link

若旦那とMINMIが離婚!

湘南乃風・若旦那とMINMIが今年の年明けに離婚していたことを
2月28日にそれぞれのブログで発表しました。

結婚後もイベントで共演したりと、誰から見ても仲良し夫婦だった二人。
突然の離婚に世間はただただ驚くばかりです。

二人は昨年春から別居しており
話し合いを重ねていたといいます。

二人は7年間の交際を経て結婚し、今で出会って16年になりますが
時を重ねるにつれ関係が変化したといいます。

二人の互いへの気持ちが恋から友情に変わったといいます。
二人は離婚後も”親友”として協力し合い、イベントの共演も続けるそうです。

二人には男の子2人、女の子1人の3人の子供がいますが
その子供の親権はMINMIがもつことになりました。

親権はMINMIにありますが
若旦那は今後も子育てに積極的に関わって行く意を示しました。

なんだか円満離婚に見える二人。
しかし、信じられない噂が流れています。

離婚の原因は若旦那の薬物使用だった?

なんと、離婚の原因は若旦那の薬物使用だったとの噂が流れています。
薬物使用によって、DVもしていたと噂されています。

少年時代は不良だった若旦那は
関東連合とも関わっているといわれています。

後の関東連合の一員となった人物と17歳のときに出会ったのがきっかけで
若旦那は不良をやめたといいますが

その後関東連合と関わりを深めて行ったとの噂もあります。
関東連合との関わり、薬物疑惑、DV。

離婚の原因はこれらだといわれていますが
今のところ根拠はありません

また、その噂があることによって
MINMIが嫌気をさして離婚したとも言われています。

そして、MINMIに親権があるのは
子供が若旦那に引き取られるのを嫌がったためといわれています。

しかし、これも根拠がありません
二人の離婚については様々な噂がありますが

根拠のないものが多いです。
根拠を見つけたら、またお知らせします!

 

以上!「湘南乃風・若旦那とMINMI離婚なぜ!?薬物使用でDV!?子供が母側につく理由は!?」でした!

最後まで読んでいただきありがとうございます!

他の記事も合わせて読んでみてください↓↓↓

 

 

 

 

sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 広瀬すずが太った?ソフトバンクCMの激太り理由はストレス!?2017画像つき!

  2. TENNの母が上原多香子から遺骨を取り上げた!?真相迫る!

  3. 妻殺害の在日・朴鐘顕(パク・チョンヒョン)の殺害動機・素顔とは!?

  4. 星野源がキモい?顔が嫌い!?下ネタ好きは新垣結衣にまで向けられていた!?

  5. ダレノガレ明美が嫌い!?短足だけどカップは凄い!?昔と現在の画像公開!

  6. 田口淳之介、引退なぜ!?実は薬問題でクビに!?隠された真相を暴く!

  7. ドラマ・月9に出演の石原さとみの女子会ルールが厳しすぎる!?写真あり!

  8. 渋谷すばるがフライデーはガセ!?青山玲子とは?写真は?画像は?徹底解明!

  9. 加藤綾子とダルビッシュが密会で手を握っていた!?会話内容は!?真相迫る![画像・写真]

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

話題の記事

最近の記事

おすすめ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

おすすめ記事2

PAGE TOP